「 日々是修行也 」

~ 修行が足りぬ男の あいも変わらぬ日常 ~
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Body & Sprit
CATEGORY ≫ Body & Sprit
       前ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

復活

実は、先週から鼻風邪らしきものをひいている感じだったのだ。
それでも、金曜日は「エイヤッ!」とラジオの仕事をしたのだが…

翌日、新年会に馳せ参じたことで無理をしてしまったのだろう。
日曜から声に違和感を感じ始め、月曜の夜には声が出なくなってしまった
 
 
     
 
 
水曜/木曜は専門学校での授業を、2時限ずつ担当している。
今年度初日(ずいぶん遅いが)の授業を始めたはいいが… 予想以上に声が出ない。
なんとか授業を終えて講師室に戻るが、声にどんどんピッチ(音程)が無くなってくる。
そんな僕の様子を見た、同業者であるところの講師の女性に

     「はよ、ビョーインへ行けっ

と叱られ、すぐに耳鼻咽喉科へ。
どっしりとした風貌の、信頼できそうなベテランの医師から

     「しばらくは、一切、声を出さないように。
      電話もダメ。メールで用を済ませてください。」

とのお達しであった。
おっさん(僕)、半泣きとなる。翌日の授業は休ませていただく事に
その週末は、FM-PiPiの生放送のメインパーソナリティの担当だったのだが
今回ばかりは、平蜘蛛となってパソコンの前で這いつくばり、関係者御一同様に
「これこれこのような状態でして」と、代役を立てていただきたい旨
メールを送った
電話で詫びを入れる事も出来ぬのだ。ナサケナイことこの上ない…。

FM-PiPiの関係者御一同様によるウルトラC技で、なんとか放送的には事なきを得たが
カンちゃん的には、翌週アタマにナレーション収録の仕事が入っているのだ。
それまでには、なんとか声が出るようにしなければならんっ


…というわけで、病院の先生以外には…誰とも会わず、誰とも会話せずという生活を
4、5日ほど続けたのち、日曜におそるおそる声を出してみた。

     なんとか、音になってきたぁん

月曜の午前中に、再び病院で診察と吸入処置を行ない、午後には事務所に
仕事OKの報告を入れた。
翌日、ZIP-FMのタイムシグナル収録。なんとか無事に収録することができた



回復が間に合って、本当に良かったと
胸をなでおろしている今夜なのである



しかし、もうしばらくは、ノンアルコール/ノン夜遊び/ノンウーマン生活である。
“身体は元気なのに声が出ない”というのは非常に苦しい。もう体験したくないものだ。
 
スポンサーサイト

夜霧よ今夜もありがとう

いや、霧は出ていないのだが、とにかく今夜も歩く次第である。


   110922_022257.jpg


先日、深夜に初めてのルートを歩いた。
だいたいの方角だけを頼りに夜道を歩くわけである。
予想外に古い(昭和の始め頃か)建物がならぶ、静かな通り。
車や人に、ほとんど出くわす事のない道だった。

いいペースで歩いていると…背後から女性の声がする。
童謡のような歌を歌いながら、自転車で近づいてくるようだ。
誰でも経験があると思うが、一人きりだと鼻歌のひとつも歌いながら
歩いたり自転車に乗ったりする。
が、他人の存在に気づいたときは、恥ずかしいとも感じて
やめてしまう事がほとんどである。

僕の背後の、そこそこ若い女性の声は
かなり近くまで来ているのだが、やめる気配はない。
真っ暗ではないから、僕の姿も見えているはずである。


なんだか少しゾッとした。


声の主が、今まさに僕の左側を追い越さんとする瞬間には
僕の背中と左腕外側が、緊張でビリビリとした



…結局、なんでもなかったわけだが
深夜ウォーキング中のおっさんを怖がらせるのは、ヤメていただきたい

夜歩く


工場の脇の道を、恋人の幽霊と歩いているわけではないぞ。
これ、分かる人限定の書き出しだな

毎晩歩いているのだ。
おっさんの深夜徘徊、とも見えるが
あくまで本人の意識としては “健康の為にウォーキングしている” のである。



        



しばらく身体を動かしていなかったゆえ、ゆるゆると始めた。
歩き始めて2週間現在の基本コースが、約3.3km。
途中には大きな公園もあり、視界の変化も楽しめ、飽きずに歩ける距離である。


ときには足をのばしてみることもある。


   かなり怖いです…。110905.jpg


遠目に眺めたリアルサイズガンダムもかなりのものだったが
こちらも凄い。夜中にひとりで見上げると… かなりゾワワ、とくる
いよいよ地球に来たか異星人!という感じである




健康な肉体というものは、努力せねば得られない事を
痛感させていただける年齢になってきた。
それで9月に入ってから歩き始めたわけだが、日に日に歩く事が楽になっていき
ここ2、3日は、ジョギング区間も交えてのウォーキングとなってきている。

そういう意味では肉体改造の余地はまだまだあるわけで
女性からも「あらカンちゃん、若いわ」と言ってもらえるよう
今夜も歩くであろう、僕なのである
 
 

ネ申

…などというコザカシイ表記などで、「カミ」がインスタントに
使われまくっているネット世界である。

なんじゃあれは。
神様の存在も地に落ちたものである。
道理で犯罪も増えるわけだ。
「いつも見ている人」がいないからな。違うか。

英語圏で、神様の名や宗教的なことを簡単に口にするときは、
たいてい、酷いことが起きた瞬間か、相手をののしるときらしいから
多分日本で使われるときも、ひどいことを言っているのだろう。
これはウソだが

残念ながら、僕は特定の宗教を信じているわけではないが
神というか…人智をはるかに越えたなにものかの存在は
感じているし信じたい。
それが、エネルギー体なのか、あるは人格(神格?)を持った
存在なのかはわからないが「人間が最高っス」とまでは
おごってはいけないと思う。

話がズレてしまった。
要は「ネ申」などと、軽く使われるのに違和感があるという
おっさんの戯れ言なのであった。以上。終わり。

復活?

実は月曜日から熱を出してダウンしておりました。
前週の週末から具合よくなかったんですけどね。

なんとかノロノロ起き出してきました。
仕事もあるしね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。