「 日々是修行也 」

~ 修行が足りぬ男の あいも変わらぬ日常 ~
2009年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2009年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年02月
ARCHIVE ≫ 2009年02月
      

≪ 前月 |  2009年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「君の音が聞こえる」

アルクシアター第六回公演
「きみの音が聞こえる」~The 2nd Stage~


     kiminooto.jpg     1089659793_141.jpg


会場:名古屋市東文化小劇場
2月27日(金)…14:00~ / 19:00~
  28日(土)…17:00~
日時指定  全席自由 ※開場は開演の30分前

 一般        3,000円
 大学生・専門学生   2,500円
 高校生       2,000円
 障がい者      2,000円
※小学生未満のお子様は入場できません(託児サービスあり)
※27日のマチネ公演(14:00~)は劇団への直接予約を
 していただければ500円引きでご入場いただけます。
 

          Image734.jpg


”耳が不自由な女性と売れない作曲家の優しい恋の物語 ”
全ステージでセリフ字幕映写を行い、聴覚の不自由な方にも
ストーリーを楽しんでいただけます。

一昨年から、劇伴ギターとして参加させていただいています。
今回は、僕がいち観客として客席から拝見した会場での上演。
そのときには、まさか自分が参加するとは
それだけに何か感慨深いものがあります。
今回も素敵な舞台になると思います!
週末は、ぜひぜひ東文化小劇場へ足をお運びください!
 
スポンサーサイト

自分を守る


HIV感染 年間1113人で過去最高



同業者やプライベートな友人の中にも、
「ステディな彼氏/彼女とは、コンドームを使わない」という人はいる。
ある同業者(男性)からは、”装着しろよ!”と言う僕に
「オマエ、どういう女とヤッてるんだ?」などと言われた。
他の男性で「今まで使ったことがない」(!)という、驚くべき人もいた。
また、ある友人(女性)は「しばらくつきあえば、わかるでしょ」とも言う。
そう言う友人は、たいていHIVウィルスのチェックをしたことがない。

確かに僕も過去には、使わずにいたした事もある。
しかし現在の僕は、彼らは認識が甘いと感じるし、心配である。

HIVウィルスに限ったことではない。
例えば肝炎のウィルス。
僕の友人(女性)の御主人は、海外転勤の際のメディカルチェックで
肝炎ウィルスのキャリアだと判明。さいわい、彼女には感染していなかったが
御主人は数年後に肝臓ガンを発症し、単身赴任先で、たったひとりでお亡くなりになった。最期まで、自らの死期を感じながら仕事をされたと伺っている。
僕もお会いしたことのある方だったので、かなりの衝撃を受けた。




   僕は、大切な友人の命を失いたくはない。




ステディな彼氏/彼女といっても…その人に、そして彼らの過去の性交渉の相手に
HIVウィルス、肝炎ウィルスのキャリアがいなかったと、どうして思い込めるのか。
今の僕には不思議でならない。


少なくとも、僕の友人諸氏には
ぜひコンドームを使ってメイクラヴしていただきたい。
「装着するときに、ムードが冷めるからイヤ」という人もいるが、
仲良く二人で着ければよろしい。その時間も楽しめば良いのだ。
そんなことさえ出来ない関係なら、セックスしなさんな。
そもそも、そんな相手とじゃベッドも楽しくなかろう(笑)

そして同性諸兄。
コンドームにもいろいろあるから、ぜひ試していただきたい。
カラー、サイズ、形状、香り…さまざまである。
パートナーの女性に「うをっ、黒い」とか言わせていただきたい。
お気に入りのコンドームのタイプを探すのも、なかなか楽しいと思うのだがどうか。
 
 

ご存知ないですか?

探しております。こんなパンツ。


          wizz_89jpg.jpg


ステージで、ストライプのパンツ穿きたいんだけど
この一本きりっきゃ持ってないんだよね。
ジーンズショップを覗いてみたりするんだけど、無い。
笑っちゃうほどに 無いっ

どなたか、こういうパンツ売ってるお店をご存じないですか???
四国にないですかa smile

お世話になります

数ヶ月ぶり… いや一年以上経つかなぁ。
以前にもお世話になった、このお方を紹介しよう。



          Image720.jpg



コンドロイチン様である。

我輩は時々膝が痛くなることがあり、そういう時には
このコンドロイチンのお世話になるのだ。
まぁ二週間ほど飲み続けるとラクになって、膝の痛み自体を忘れてしまう。
今回の症状はたいしたことはないが、痛みの原因のひとつとして
「KISSDOLLS 復帰」があると思われる。
そう。内股で動き回りながらギターを弾カネバの娘となっているからである。
まぁしかし、それは引き金であって、本当の原因は
はっきり「運動不足」であろう。
これはマズイ。
今日から少しずつ動くことにしよう。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。