「 日々是修行也 」

~ 修行が足りぬ男の あいも変わらぬ日常 ~
2009年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年04月
ARCHIVE ≫ 2009年04月
      

≪ 前月 |  2009年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

開放感

 
日曜日。
名古屋市内のライブハウスで、トリビュートライブのMCをさせていただく。
その真最中に携帯メールで、プライベートな映像のナレーションの依頼が。
ライブハウスでさんざん喋った後だったが、ウチアゲは辞退して依頼先へ。
現場でコメントを直しながらのナレーション収録。
終了したのは午前二時過ぎ(笑)
ストレートバーボンを一杯いただき、帰ってもう一杯呑んで寝る。

翌日の月曜日は専門学校での授業。
死に起き、電車にニジリ乗り、昼過ぎまでなんとか喋る
そのまま、某遊戯具のキャラクターボイス収録に向かう。
終始シャウトしまくるというコメントが実にコメント用紙15枚
これにはシビレ、一生終わらないのではないかという妄想も現れたが
なんとか4時間強でアナウンスブースに籠りっきりの時間を終えた。


「お疲れさまでした」

の声とともに、スタジオを出る。
そこは市内の某高層ビル20階。夕日がまぶしかった。



          Image865.jpg



なんという開放感だろう。



思えば昨今、こんなに喋りまくった二日間はなかったのではないか。
また、こんな気分で仕事を終えたいものである。

あ、でも、読むのがキッツイ原稿はイヤン
 

スポンサーサイト

恥ずかしい事

自分にとっての「恥ずかしい事」とは何だろうと唐突に考えた。

まずは、過去の恥ずかしかったエピソードを思い出す。
すぐに共通項が見えた。そのポイントとは…



  「ええかっこしようとして失敗」



これに尽きる。
多くの人に共感してもらえるのではないか。
一所懸命やってダメだった記憶には、恥ずかしさは付いてきていない。
せいぜい「てへへ」で済んでいる、くすぐったい記憶である。

んがしかし…
なんらかの精神的な余裕(実は当人の思い込み)を持って行い
周囲に”ええかっこ ”見せようとして、結果、失敗に終わった事は
何年経っても覚えているし恥ずかしい。
そもそも”ええかっこ ”しようとしたこと自体が恥ずかしい。
もっと言えば、その瞬間に恥ずかしい感覚が無くとも、数年後に思い返して
顔から火が出る思いをすることもある。


というわけで、ああ恥ずかしい恥ずかしい…。
 


          Image845.jpg



注:画像は、日記の内容と直接には関係ありません。
 

音曲にうつつをぬかす

何年ぶりかに… そう10年ぶりくらいかもしれぬ。
朝顔を育ててみようかと思いたち、立ち寄った100円均一ショップで購入。
これがまぁ発芽(まずは発根だが)率が低い低いsuffering
2割弱という感じである。が、二袋105円では文句は言いにくい…。


          Image839.jpg


発根したわずかな種を鉢に移した。そのうちのひとつが
ほれ、このように双葉をもたげてきてくれた。
植物の生育初期を見ると、いつも素晴らしいと感じる。命を思う。
この夏はベランダで朝顔のお花見だ 誰か遊びに来てよぉ~



というわけで、音曲演奏活動にうつつをぬかしている状況をご報告a smile

4/19 (日) 名古屋ボトムライン
 
J-POP TRIBUTE SPECIAL vol.1
  ~J-POPバンド大集合!~



          puffyDSC_0151.jpg



出演:陽水倶楽部 (井上陽水)
   PUFF DOLL (パフィー)
   ブロンドザウルス (レベッカ)
   勝手にシンドバッツ (サザンオールスターズ)
Open 5:30pm Start 6:00pm
前売¥2,000/当日¥2,500
  〈入場時にDrink代¥500別途必要〉

僕がギターを弾いているThe Wizzのメンバーを中心とした
”PUFF DOLL(パフドール)”の ギタリストとして
Puffyのトリビュートライブを演ります!
久しぶりのボトムラインでの演奏です。僕も楽しみです。
ぜひぜひ遊びに来てくださいね


注:画像はPUFFY本人です。
    PUFF DOLLの二人はもう少し… 

       …じ、人生経験積んでます
 

初日

          Image832.jpg


専門学校の、今年度最初の授業。
今日もいいお天気。  …暑い
教室は最高に日当りが良いため、ついに冷房が入れてあった(笑)
おい…4月だぜ

夏が思いやられますsuffering

ボール。

緑色のね
…そう。まりもですa smile

これまた、何年も前から部屋にいる個体があるのですが
Dead or Alive がよくわからない(笑)
溶けて無くなってしまわないところを見ると、生きているのかな…。

そんななか、もう我慢できずにちっちゃいものを一つ買ってきました。



          Image798.jpg



ほんっとに小さなビンに入ったまりもくん。
ガラスビンにプラスティックの蓋がしてあって、そのうえに金属製の蓋。
この状態で売っているわけなのですが、よくこれで生きてるなって思います…。

部屋でも一応は蓋をしているのですが、水を換えるたびに
なるべく息をしてもらっています。ま、気持ちの問題です

もう少し大きなまりもも育ててみたいなぁ…
 

バナナ。

…プランツ。
バナナプランツです




          Image795.jpg



数年前にも買ってみましたが、しばらくして絶えてしまいました。
この状態で管理するのはまず無理なようです。
ではどうするかというと、水底の土にバナナ部分を埋めて
管理するのだそうです。要するに”植える ”わけですね。
まぁ本来の状態がそうなので、わかります。しかし、このバナナ部分(殖芽というらしい)の形状が楽しいので、こうしてボトルに入れたりして鑑賞する方がほとんどのようです。
なるほどかわいいよねlove



さて、続いてライブ情報ですlaughter

4/19 (日) 名古屋ボトムライン
 http://www.bottomline.co.jp/index.html
J-POP TRIBUTE SPECIAL vol.1
  ~J-POPバンド大集合!~

出演:陽水倶楽部 (井上陽水)
   PUFF DOLL (パフィー)
   ブロンドザウルス (レベッカ)
   勝手にシンドバッツ (サザンオールスターズ)
Open 5:30pm Start)6:00pm
前売¥2,000/当日¥2,500
  〈入場時にDrink代¥500別途必要〉

僕が具ギターを弾いているThe Wizzのメンバーを中心とした
”PUFF DOLL(パフドール)”の ギタリストとして
Puffyのトリビュートライブを演ります!
Puffyの曲って…演ってみると凄くカッコイイんだわ!

久しぶりのボトムラインで、僕も楽しみです。
ぜひぜひ遊びに来てください

お化粧法

昨年11月に、3年ぶりに復帰したのが"KISSDOLLS"というバンドだ。
米ロックバンド”KISS ”のトリビュートバンドである。
もちろん御本家と同じようにメイクアップをする。

今年の1月、初の岡山公演を敢行 僕の復帰第二戦目である。
このライブから、僕はメイクの方法を変更した。
方法というか…化粧品を変更したのだ。
ずっと模索していたとも言えるが、ほぼ定番となっていたものを
一新して臨んだのだが、これがアタリで、とても使い勝手が良かったのだ

というわけで…しばらくライブがないので、今夜はお化粧の練習。
長いこと塗っていないと、コツを忘れてしまうのだ
今回は人前に出るわけではないので半塗りとさせていただく。



          7割塗ったという感じか。
          左目スッピンだし(笑)
          Image788.jpg



で、先ほど述べた「使い勝手の良さ」なのだが、そのココロは
「メイクの落としやすさ」なのである。
従来はライブ終了後の楽屋で、顔の上でクレンジングをこねり回し
灰色の化物となっていたのだが、それがなんとクレンジング液を
含ませた、コンビニで売ってるシートで拭き取るだけで、ものの見事に
キレイに拭き取れてしまうのだ



          というわけで
          きっちり五割落としlaughter
          Image793.jpg



素早くもとの顔に戻れるのは、非常にありがたい。
ライブ終了後のストレスも減るというものだ
 
 

よぉく考えよう。

名古屋は栄(中心部の繁華街)を歩いていたら
見知らぬ若い女性から話しかけられた。

「すみません♪◯◯◯ブライダルセンターと申しますが
 今、独身の方々にアンケートを取らせていただいております」


…一見して独身と思えるほど若く見られたか(それは無い)
よほど女性に縁遠いクタビレた独身中年男に見られた、ということか。

とりあえず彼女には「ううむ残念っ!」と答えて終わったのだが
そんなこと言っておらずに、手を取ってどこかに消えればよかったか。
むずかしいのぉ…。

ブレがない。

大昔、それこそ四半世紀前に買った文庫本を引っ張りだした。



         夢野久作「ドグラ・マグラ」

          Image747.jpg



実は、最期まで読んでいないのであった。
自分自身が健康な精神状態でないと、読むのが大変な内容であり
かなりの長編なので、なかなか最期まで行きつけないでいたのだ。
それにしても四半世紀か…

ひさしぶりに取り出して表紙をめくったら…



          河合奈保子ちゃん。

          Image748_20090401153918.jpg


しおり代わりに、雑誌の付録ステッカー(昔あった、裏側を濡らして貼るタイプ)を
入れてあったのだなぁ…。
当時から僕は華奢な女のコには関心が無く、こういった「バーン」とした
肉体を持ったコが好きだったのだ。
もちろん今も肉感的なコが好きだ。

な。ブレがないlaughter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。