「 日々是修行也 」

~ 修行が足りぬ男の あいも変わらぬ日常 ~
2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年10月
ARCHIVE ≫ 2011年10月
      

≪ 前月 |  2011年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

新発見のヴァイタミン

今回、注文はしておりません


          111016_120621.jpg


ネイティヴ(おそらく、ね)のかたが経営なさっている中国料理店なのであった。

ところで僕は…
“中華料理”と言った方が美味しそうに感じるのだが、昨今はあまりお目にかからない。
さらに、我々の先輩の世代では“支那料理”と言わないと、胃袋にビビン
来ないのかも知れぬ…。
スポンサーサイト

蒔絵を描く

父が仏師(仏像彫刻師)ゆえ、関心がないわけではないのだ。
というわけで、あまりに唐突であるが 



         仏具 である。

            
            


一体なんのことだという声も聞かずに語らせていただく。
過日、某所で行なわれた、仏具研究会が行なう“蒔絵を描こう”なる
体験学習のようなものに参加したのだ。
そもそも仏具研究会という団体が存在することに驚いた。
名前からして、物凄いインパクトではないか
こういうものには、もうどんどん参加してしまうのが仏師の息子の努めだ。違うか。


   111008_104013.jpg


もうイキナリ絵が描いてあるが、僕が描いたものである。
最初から「ねえ、何が描いてあるの?」とは尋ねないのがマナーである。

え? まず蒔絵そのものを説明しろと?
僕も詳しくはないのだ。ここでも読んでくれ。


今回は、あくまで体験の“なんちゃって蒔絵”であるからして、漆塗りではなく
プラスティック製の皿に、カシュー塗料(カシューナッツのそれだ)で絵を描く。
カシュー塗料?僕等は当然知らないわけだが、調べてみると“カシュー漆”と
呼ばれるくらいに、漆の性質に似ているのだそうだ。
その、なんちゃって漆で絵を描き、塗料が乾く前に、なんちゃって(もういい?)金粉を
“蒔く”わけなのだ。


その手順を経て描かれた…



          111017_235958.jpg



イチョウの葉と… 松の葉… で、ある

今回は、一切のツッコミやら批判やらは受け付けない。
以上撤収ッ
 

ZIP-FM 18th ANNIVERSARY!

名古屋にはZIP-FMというFMラジオの放送局がある。
その局が今日で18周年を迎えるということだ。
ということは…


“僕の声がZIPで流れ始めて18年”


という意味でもあるのだ

ご存知の方がいらっしゃるかも知れないが
僕はZIP-FMの開局から現在まで、タイムシグナルを読んでいる。
当然ながら“タイムシグナル”といっても、一般的にはピンと来ていただけないわけで
人には「時報を読んでます」とご説明申し上げるのだが、それでも
分かっていただけない事が多々ある。

そういう場合は…
ハズカシイのだが、相手の目の前で小さな声でご披露すると
「あ~あの声の人なんですか!」と分かっていただける。


     
     …ずいぶん古いタイムシグナルで失礼


18年間お世話になっている局なので、今朝ネットからお祝いメッセージを
送らせていただいた。実はそのメッセージを、先ほどBREEZY SATURDAYの
渡辺麻耶さんが番組の最後にオンエアで紹介してくださったのだ

番組の最後ということは、直後にタイムシグナルが流れることになるわけで
麻耶さんとスタッフのご祝儀返し(?)であったと、うれしく感じている



番組へのメッセージにも書いたが…これからも19周年、20周年と
名古屋の音楽シーンを盛り上げていただきたいと思う次第である
そして…   これからも僕を使ってくださいませ!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。