「 日々是修行也 」

~ 修行が足りぬ男の あいも変わらぬ日常 ~
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

復活

実は、先週から鼻風邪らしきものをひいている感じだったのだ。
それでも、金曜日は「エイヤッ!」とラジオの仕事をしたのだが…

翌日、新年会に馳せ参じたことで無理をしてしまったのだろう。
日曜から声に違和感を感じ始め、月曜の夜には声が出なくなってしまった
 
 
     
 
 
水曜/木曜は専門学校での授業を、2時限ずつ担当している。
今年度初日(ずいぶん遅いが)の授業を始めたはいいが… 予想以上に声が出ない。
なんとか授業を終えて講師室に戻るが、声にどんどんピッチ(音程)が無くなってくる。
そんな僕の様子を見た、同業者であるところの講師の女性に

     「はよ、ビョーインへ行けっ

と叱られ、すぐに耳鼻咽喉科へ。
どっしりとした風貌の、信頼できそうなベテランの医師から

     「しばらくは、一切、声を出さないように。
      電話もダメ。メールで用を済ませてください。」

とのお達しであった。
おっさん(僕)、半泣きとなる。翌日の授業は休ませていただく事に
その週末は、FM-PiPiの生放送のメインパーソナリティの担当だったのだが
今回ばかりは、平蜘蛛となってパソコンの前で這いつくばり、関係者御一同様に
「これこれこのような状態でして」と、代役を立てていただきたい旨
メールを送った
電話で詫びを入れる事も出来ぬのだ。ナサケナイことこの上ない…。

FM-PiPiの関係者御一同様によるウルトラC技で、なんとか放送的には事なきを得たが
カンちゃん的には、翌週アタマにナレーション収録の仕事が入っているのだ。
それまでには、なんとか声が出るようにしなければならんっ


…というわけで、病院の先生以外には…誰とも会わず、誰とも会話せずという生活を
4、5日ほど続けたのち、日曜におそるおそる声を出してみた。

     なんとか、音になってきたぁん

月曜の午前中に、再び病院で診察と吸入処置を行ない、午後には事務所に
仕事OKの報告を入れた。
翌日、ZIP-FMのタイムシグナル収録。なんとか無事に収録することができた



回復が間に合って、本当に良かったと
胸をなでおろしている今夜なのである



しかし、もうしばらくは、ノンアルコール/ノン夜遊び/ノンウーマン生活である。
“身体は元気なのに声が出ない”というのは非常に苦しい。もう体験したくないものだ。
 
スポンサーサイト

今夜ですよ!

…というか“今”ですよっ しぶんぎ座流星群ショータイム

昨夜のカンちゃん部屋エンディングでもお話しましたね。
午後10時頃が、観測するには最も良い条件なのだそうです。
さ、ちょっと過ぎちゃったけど、屋上で見て来ようっと

☆謹賀新年☆

          kan2013.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。