「 日々是修行也 」

~ 修行が足りぬ男の あいも変わらぬ日常 ~
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 電動 ♪TOP出来事 ≫ 電動 ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

電動 ♪

          

 
昨日の出来事。

仕事の現場に入ってから、少々待ち時間が発生することが判明。
今日も外気は暑かったし、これで涼しい部屋で休めるわけで
なんの文句もなく、リラックスさせていただくことにした。

ふと、自然が僕を呼ぶのが聞こえ、トイレに。
どうやら多少時間のかかる方が僕を呼んだようで、個室にはいらせていただく。



個室でのプロセスを済ませたあと、水を流すことが一般的とされている。
ここでは、壁にあるセンサーに手をかざすことによって水が流れる方式になっているようだ。
で、手をかざしました。




     …なんのお沙汰もない。




もう一度。




     …やはり、なにも起こらない。





も、もう一度。














…おいおい、このままでは僕は
単なる「ウン◯置き去り男」になってしまうではないか
パイロットランプ?は点灯しているんだけどなぁ…。
さらにこの個室には、水を流すための手動レバーも見当たらない。
困りながらも壁のセンサー部をもう一度よく見ると、貼り紙がしてある。

  「手をかざしても流れないときは振り返ってください」

…振り返ると水が流れるのかsuffering
だまされたと思って振り返ってみると、そこにはもうひとつのセンサーが。
同じように手をかざしてみたが、やはり同じ。つまり何も起こらない。

最後の手段で、清掃用のバケツで水を流そうかと思ったが
この男子トイレ内には清掃器具庫がナッシングa shock2



いよいよ観念してゲルニ(逃げる)を決めようかと思ったその時、歴史は動いた
振り返った所にあるセンサーの、その下にさらに貼り紙を発見したのだ

  「それでも流れなかったら、この横のボタンを押してください」







もういっそ、最初から手動で流すようにしませんか…tears
 
 

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。