「 日々是修行也 」

~ 修行が足りぬ男の あいも変わらぬ日常 ~
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 蒔絵を描くTOP出来事 ≫ 蒔絵を描く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

蒔絵を描く

父が仏師(仏像彫刻師)ゆえ、関心がないわけではないのだ。
というわけで、あまりに唐突であるが 



         仏具 である。

            
            


一体なんのことだという声も聞かずに語らせていただく。
過日、某所で行なわれた、仏具研究会が行なう“蒔絵を描こう”なる
体験学習のようなものに参加したのだ。
そもそも仏具研究会という団体が存在することに驚いた。
名前からして、物凄いインパクトではないか
こういうものには、もうどんどん参加してしまうのが仏師の息子の努めだ。違うか。


   111008_104013.jpg


もうイキナリ絵が描いてあるが、僕が描いたものである。
最初から「ねえ、何が描いてあるの?」とは尋ねないのがマナーである。

え? まず蒔絵そのものを説明しろと?
僕も詳しくはないのだ。ここでも読んでくれ。


今回は、あくまで体験の“なんちゃって蒔絵”であるからして、漆塗りではなく
プラスティック製の皿に、カシュー塗料(カシューナッツのそれだ)で絵を描く。
カシュー塗料?僕等は当然知らないわけだが、調べてみると“カシュー漆”と
呼ばれるくらいに、漆の性質に似ているのだそうだ。
その、なんちゃって漆で絵を描き、塗料が乾く前に、なんちゃって(もういい?)金粉を
“蒔く”わけなのだ。


その手順を経て描かれた…



          111017_235958.jpg



イチョウの葉と… 松の葉… で、ある

今回は、一切のツッコミやら批判やらは受け付けない。
以上撤収ッ
 

Comment

編集
なんちゃって蒔絵ができないものか?と検索したらほんとうに「なんちゃって」でUPされてびっくりしました。まさに知りたかった塗料です。ありがとうございます。
2012年04月01日(Sun) 20:07
>leosolさん
編集
わざわざコメントを残してくださって、ありがとうございます。
嬉しいですv-410

検索からおいでになるかたが少ないので
貴重なお客様と言えますねv-352
よろしければ、またおいでくださいませv-22
2012年04月01日(Sun) 22:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。